慰謝料の時効

慰謝料の時効は、基本的には、不貞の事実があったことをあなたが知った日から3年です。

しかし、あなたが配偶者の不貞を知ってから3年が経っている場合でも、慰謝料請求をできる場合があります。

まず、不貞によって離婚することになったような場合には、離婚した日から3年が経過することによって時効にかかります。ですので、もしあなたが不貞を知って3年が経っていたとしても、これから離婚するような場合には、慰謝料請求が可能です。

次に、浮気相手に慰謝料を請求するという場合には、あなたが浮気の事実を知り、かつ、浮気相手が判明してから3年ということになっています。浮気があったことは知っていたけど、相手のことまでは知らなかったというような場合には、慰謝料請求が可能です。

なお、時効期間である3年の経過が間近であるような場合には,法的な手続きをとることで、時効の期限を延長することができます。そのような場合には、なるべく早く弁護士に相談した方が良いといえます。

PAGE TOP