[事例58]不貞相手の夫から慰謝料250万円請求されたが,70万円一括で解決した事案

依頼者

30代男性公務員(大阪市在住)

相手方

30代男性会社員(大阪市在住)

結婚歴

相手方夫妻不明,依頼者は独身

別居の有無

依頼時は別居している様子

子ども

双方ともになし

主な争点

慰謝料の金額

解決までの期間

約1か月半

IMG_0310

相談に来たきっかけ

依頼者は,相手方の弁護士から手紙を受領し,相手方弁護士から不貞行為について250万円の慰謝料を請求する旨伝えられ,今後の対応については弁護士に依頼したいと考え,弊所ホームページをご覧になられてご相談に来られました。

事案の概要

依頼者は,職場を通じて知り合った女性と1度だけ不貞関係に陥り,不貞相手の夫にそのことが発覚するに至りました。その後,不貞相手の夫とは断定できないものの,依頼者の自宅に嫌がらせなどがされるようになり,不安な日々を送っていました。そんな中,相手方弁護士から手紙が届き,250万円の慰謝料請求を受けるに至り,嫌がらせの件もあったため,弁護士に依頼することとされたようです。

解決内容

相手方に対して慰謝料70万円を一括で支払うことで解決に至りました。また,今後嫌がらせ等されないように,約束条項も合意の中に入れました。

解決のポイント

慰謝料の金額は,不貞行為の回数が少なく,期間も短期間であったことから,比較的低額な金額に抑えることができました。もっとも,依頼者としては,本件をきっかけに自宅に嫌がらせを受けるなどしていたため,今後平穏な生活ができるようにしておくことも重要でした。相手方が嫌がらせの犯人とは断定できない状況ではありましたが,合意の際に今後双方ともに平穏な生活を乱さないための約束条項を入れることができました。また,自分で交渉すればまた嫌がらせをされるのではないかとの不安も大きかったようですが,弁護士が交渉に入ることで,弁護士介入後の嫌がらせはおさまりましたので,この点でも代理人として介入する意義は大きかったと思います。

慰謝料請求された事例の最新記事

PAGE TOP