[事例40]離婚予定の不貞相手の妻から慰謝料150万円を請求されたが100万円の支払いで解決したい事例

依頼者

30代女性会社員(大阪市在住)

相手方

40代女性会社員(大阪市在住)

別居の有無

離婚予定

子ども

未成年の子ども2人

主な争点

慰謝料の金額

解決までの期間

約1か月半

IMG_0310

 

 

 

 

相談に来たきっかけ

会社の上司と不倫関係になっていたところ,上司の妻に不倫関係が発覚し,妻と面談や電話で話し合ったが,妻が感情的になるため,当事者同士での話合いが難しいため,今後の対応についてご相談に来られました。

事案の概要

依頼を受ける半年程前から,会社の上司と不倫関係になり,上司と妻は不倫関係発覚により,離婚することとなりました。妻から内容証明郵便で①慰謝料150万円の請求,②会社を退職することの要求,③今後夫(会社の上司)と一切の接触をしないことを求められました。その後,妻と依頼者で話合いを試みましたが,冷静な話合いができず解決は難しいとのことで,弊所にご依頼いただくに至りました。

解決内容

①については,離婚に際し,夫(会社の上司)から慰謝料を相当額受領することが決まっていたようですので,夫から受領する金額と本件の事実関係も踏まえて依頼者が支払うべき慰謝料について減額交渉を行い,100万円一括払いで合意しました。②と③については,妻の気持ちにも理解は示しつつも,これらを請求できる法的根拠はないことを説明し,妻の納得を得ることができました。

解決のポイント

妻は,最初から最後まで弁護士をつけずに自分自身で対応されました。そのため,感情的になることも多くあり,交渉は容易ではありませんでしたが,妻の感情にも配慮しつつも,法律家としての立場から本件解決に向けての具体的な内容を提示することで,最終的には妻も理解を示し,早期に解決ができた事案だと言えます。  当事者同士ではどうしても感情が先走って冷静な話合いができないことも多く,また当事者同士の話合いには精神的負担も大きいため,第三者である弁護士を通じて話合いをすることも一つの手段としてお考えいただければと思います。

慰謝料請求された事例の最新記事

PAGE TOP