[事例30]不貞に至らない行為について,不貞相手の元夫から請求された慰謝料の減額交渉に成功したケース

スタッフ一同

依頼者

40代男性 会社員

相手方

40代男性

結婚歴

依頼者は既婚

別居の有無

なし

子ども

なし

主な争点

不貞に至らない行為についての慰謝料の額

解決までの期間

3か月

相談に来たきっかけ

相手方の代理人弁護士から慰謝料請求に関する手紙が届き,ご相談に来られました。

事案の概要

依頼者は,インターネットを通じて知り合った既婚女性と性的類似行為を数回行いました。
相手女性の配偶者に当該事実が発覚し,相手女性と配偶者は離婚に至りました。
その後,相手女性の元夫(ご相談時は既に離婚)の代理人弁護士から慰謝料300万円を書面で請求され,一度依頼者ご自身で交渉して,200万円まで減額を認めてもらったものの,それ以上の交渉が困難であるため弊所にご依頼いただきました。

解決内容

弁護士が受任して示談交渉した結果,105万円一括払いで合意できました。
示談書には,解決後に依頼者の関係者に今回の事情を漏らすことがないようにするための約束条項,および約束に反した場合の違約金条項も盛り込み,依頼者が今後平穏に生活できるように配慮した内容で解決することができました。

解決のポイント

 

本件事案の特徴として,不貞行為に該当する性交渉は行ってはいないこと,短期間で僅かな回数であること,相手女性には,依頼者以外にも交際していた男性がおり,相手方が離婚に至ったのはその男性の存在の影響も少なくないと考えられることがありました。
これらの本件特有の事情を,過去の裁判例などを参考にしつつ,法的主張を行い,粘り強く交渉を重ねた結果,概ね依頼者の希望の金額まで慰謝料を減額することができました。
また,依頼者には配偶者がおり,配偶者は今回の事情を一切知らなかったため,訴訟を提起されて,依頼者の配偶者に今回の件が発覚することがないようにしたいとの依頼者の強い希望があり,示談が決裂することのないように配慮しつつも,ほぼ希望の金額で解決することができました。

慰謝料請求された事例の最新記事

PAGE TOP