[事例25]法律上離婚が成立していない不倫相手の夫から精神的に苦しめられた20代フリーターの依頼者が300万円の請求を100万円に減額し分割払いにできた事例

スタッフ一同

依頼者

20代 フリーター 男性

相手方

30代 男性

結婚歴

依頼者は未婚

別居の有無

不貞行為前からほぼ別居状態

子ども

不倫相手には子どもがいた

主な争点

慰謝料金額の妥当性,支払方法

解決までの期間

1か月半

相談に来たきっかけ

不倫相手の夫の弁護士から内容証明郵便で慰謝料を請求されたことをきっかけに、弊所ホームページをご覧になってお問合せをいただきまました。 

事案の概要

不倫相手は既に夫が離婚届を提出して離婚は成立したと信じており,そのことを依頼者に話した上で肉体関係を持ったものの,不倫相手の夫は離婚する気持ちが揺らいで離婚届を提出しておらず,戸籍上は婚姻関係が続いている状態でした。

離婚できていないことが分かった後も,依頼者は不倫相手との肉体関係を継続してしまい,不倫相手の夫にそのことが発覚し,夫が直接会いに来たり,電話をかけてきて,どう責任をとるのかと詰められて,依頼者は精神的に参っていました。

そうしたところ,内容証明郵便が届き,弊所で交渉を受任しました。

解決内容

不倫相手の夫婦は,もともと離婚の協議をしているという夫婦関係が破綻しているような状況であることから,300万円の慰謝料は高額であることを主張し,減額に応じさせることができました。

また,依頼者はフリーターでまとまった資金がなく,無理のない少額の分割払いで合意できました。

解決のポイント

依頼者は,相手方から強く詰められていた経緯から精神的にかなり参っている状況でしたので,訴訟は確実に回避して,できる限り早期に解決して精神的負担を除くことも重要でした。

相手方は,当初減額に応じにくい,との意見でしたが,不倫関係に至る以前から夫婦間で離婚の話が出ていたこと,不倫期間が短期間であることなどを具体的に主張し,相手方を減額に応じさせることができ,支払いについても依頼者に大きな負担とならない分割金額で合意することができました。

慰謝料請求された事例の最新記事

PAGE TOP