[事例13]2000万円での財産分与に成功した事案

スタッフ一同

依頼者

50代女性 主婦

相手方

50代男性 会社経営

結婚歴

25年

別居の有無

あり

子ども

 ー

主な争点

財産分与の額

解決までの期間

5ヶ月

 

 

 

 

 

 

 

相談に来たきっかけ

他機関からの紹介

事案の概要

1年前から夫婦での会話もなくなり,それに加えて,夫が妻に生活費を渡さなくなったため,妻が別居し,直後に離婚調停を申立てました。夫は法的妥当額の財産分与を拒否していた,というケースです。

解決内容

調停で離婚すること及び財産分与約2000万円の財産を得ることで解決しました。

解決のポイント

弁護士の権限の一つとして,相手方の銀行預金の開示請求ができます。
この事案では,相手方の財産が不明でしたが,この弁護士会照会手続きを行った結果,相手方に相当額の財産があることが判明したので,その財産も離婚時財産分与の対象とするよう請求し,2000万もの財産分与に成功しました。

慰謝料請求した事例の最新記事

PAGE TOP