[事例8]不倫相手に慰謝料を請求し、70万円一括で早期解決した事案

依頼者

30代女性

相手方

30代男性

結婚歴

依頼者は既婚

別居の有無

なし

子ども

2名

主な争点

夫に慰謝料を支払った不定相手が、後日、妻に求償請求できるか。またその額は。

解決までの期間
6か月

相談に来たきっかけ

知人のご紹介

事案の概要

依頼者(女性)は既婚でしたが、別の男性と不倫関係になり、そのことがご主人にばれてしまいました。
そこで、ご主人は奥さんの不倫相手に慰謝料を請求し、不倫相手がご主人に90万円の慰謝料を支払いました。奥さんとご主人はやり直すことになり、すべてが解決したかに思われました。
ところが、その後、不倫相手の男性から奥さん宛てに「自分は90万円を支払ったが、奥さんも悪いはずだ。私だけが支払うのはおかしいので、奥さんに一部負担してもらいたい」として60万円を請求する裁判がされてしまいました。

解決内容

裁判を進めた結果、半年後に依頼者が相手の男性に20万円を支払うことで和解が成立しました。

解決のポイント

不倫行為は、配偶者と不倫相手の『共同不法行為』となりますので、2人ともが慰謝料の支払い義務があります。とはいえ、奥さんとやり直し、不倫相手にだけ慰謝料請求をしたご主人の気持ちとしては、あとから奥さんに請求が行くとは考えても見なかったと思います。
今回は、そのような事情も踏まえて、慰謝料全体の90万円のうち奥さんが負担する割合を20万円という低い水準とする和解をすることができました。
その意味では、不倫相手に慰謝料を払わせる際には、自分の配偶者に後から請求させないような示談をする必要があるのです。示談書の具体的記載内容などは状況に応じて変わりますので、弁護士にご相談ください。

慰謝料請求した事例の最新記事

PAGE TOP