[事例5]夫への請求をしないという条件を付加した慰謝料請求が認められた事例

依頼者 20代 妻

相手方 30代 夫の不貞行為の相手方女性

結婚歴 3年

別居の有無 なし

子ども 1人(2才)

主な争点 慰謝料額

解決までの期間 2カ月

事案の概要

依頼者妻から夫の不貞行為の相手方に対する慰謝料請求事案。依頼者妻は,LINEのやりとりから夫の浮気を疑い,追及したところ,夫が不貞行為を認め,相手方と別れる旨記載した誓約書を作成。依頼者妻は,子が幼いことから離婚と夫への慰謝料請求は思いとどまったものの,相手方への慰謝料請求を希望。

解決内容

 慰謝料100万円で示談成立(相手方から夫に対する請求をしないとの条件も付加)。 

解決のポイント

受任後,内容証明郵便で浮気相手に慰謝料200万円を請求しました。浮気相手は当初,不倫関係を否定していましたが,交渉を進めた結果,不倫を認めるに至り,慰謝料額の交渉となりました。依頼者妻は,家計を同じくする夫への請求はしてほしくないとの意向であったため,依頼者妻と浮気相手との間で,慰謝料として100万円を支払う旨の公正証書を作成するとともに,夫と浮気相手との間でも,「後で夫に請求をしない」旨の合意書を取り交わし,依頼者の意向を実現しました。

慰謝料請求した事例の最新記事

PAGE TOP