[事例1]妻から不貞の慰謝料を請求された事例

依頼者 40代女性

相手方 40代男性

結婚歴 12年

別居の有無 なし

子ども なし

主な争点 慰謝料の金額

解決までの期間 2か月

相談に来たきっかけ

自分では収拾がつけられなくなった、ということで来所されました。

事案の概要

依頼者様は、職場の同僚と不倫関係に至ってしまい、不倫が妻に発覚し、妻から慰謝料として300万円の支払いを求められたというケースです。妻は、非常に感情的になっており会社に乗り込んだり、不倫相手の家まで行くことも辞さないという状態でした。

解決内容

お話の席を設けさせていただき、慰謝料として50万円を支払い不貞相手との関係を清算する代わりに、妻は会社や元不倫相手に迷惑をかけないということを合意してもらい、解決しました。

解決のポイント

不貞が発覚した場合、相手方配偶者から法外な慰謝料を請求されたり、会社や不倫相手の元に行くと脅されたりするようなこともあります。このような場合、当事者間では事態を収拾することが非常に難しくなります。第三者である弁護士が入ることで、冷静に事態に対処し慰謝料を適切な額に抑える、不倫相手と接触させない等の客観的に妥当な解決を図ることが出来ます。

慰謝料請求された事例の最新記事

PAGE TOP