[事例73]不貞相手の元夫から慰謝料500万円を請求されたが,150万円で解決した事案

依頼者

40代男性会社員(宝塚市在住)

相手方

50代男性公務員(高槻市在住)

結婚歴

相手夫妻の婚姻期間は不明,依頼者は既婚者

別居の有無

相手方夫妻は離婚済

子ども

相手方夫妻にはいない

主な争点

慰謝料の金額・支払方法

解決までの期間

約4か月

IMG_0310

相談に来たきっかけ

相手方夫妻は不貞行為が原因となって離婚をしており,相手方弁護士から依頼者に対して,慰謝料を請求する内容証明郵便が届き,当事務所のサイトをご覧いただき,ご相談に来られました。

事案の概要

不貞行為の期間は約4か月程であり,不貞行為発覚後は不貞関係は断っていたものの,相手方夫妻は結果的に離婚しました。依頼者には妻子がいましたが,家族は不貞行為の件を知りませんでしたので,家族に知られずに本件を解決することを希望していました。

解決内容

相手方に対して慰謝料として150万円で一括払いすること,不貞行為や解決内容について口外しないこと,双方ともに家族や職場の人に接触しないことを合意内容として解決に至りました。

解決のポイント

依頼者は,家族に不貞行為のことを知られていませんでしたので,家族との関係性悪化を避けるため,家族に知られずに,訴訟ではなく,話合いで穏便に解決することを強く希望していました。また,家計は全て妻が管理していたため,依頼者自身には自由な金銭はありませんでしたが,借入れを利用するなどして,何とか一括で支払うことが可能となりました。相手方夫妻の離婚という結果は重いものの,交際期間は長期とはいえず,不貞行為の態様に特段の悪質性はなく,発覚後は速やかに関係を断っていることなど,本件に即した事実関係をもとに交渉を行い,適切な慰謝料金額で解決に至りました。                                     家族に知られては困る,ということは依頼者にとっては弱みともいえるものでしたが,事実関係を適切に主張し,事実関係に即した適切な慰謝料の金額で穏便な解決を実現できた事案といえます。

慰謝料請求された事例の最新記事

PAGE TOP